心の感動

人生を生きること


┌────────────────────────────
│  ◆ 毎日に情熱をもたらす珠玉の言葉 vol.1750 ◆
└────────────────────────────

     二度と無い一度の人生だから
     佐藤 康行

     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、生きる使命を見つけ、
     その使命を全うします
     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、泣いたり笑ったり
     本気で生きます
     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、人を愛し自分を愛し
     あらゆるものを愛します
     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、私の持てるすべての力を
     出し切ります
     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、人を妬んだり恨んだり憎んだり
     時間のロスを無くします
     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、喜びも悲しみも天が私に
     与えてくれた愛として受け止めます
     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、魂を自覚し愛の固まりで
     人と社会の中で生き抜きます
     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、愚痴や不満のない
     喜びに溢れた人生にします
     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、人の失敗、迷いを
     大きな心で包みます
     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、自分と人の体と心と魂を
     大切にします
     二度と無い一度の人生だから
     だから私は、神が私に与えてくれた
     天寿を全うします

     二度と無い一度の人生だから
[PR]
# by t-nobukawa | 2010-10-15 18:22

玉木さんのホームページ


私のホームページ [ チェアウォーカー ]
毎日多くの方にブログにアクセスいただいて、本当にうれしい限りだ。

私のホームページからアクセスしてくださってる方も多いだろうが、私のホームページをご存じない方も多いだろうから、今日はそのご案内だ。

http://www.naruhodo-news.com/ ←これをクリックするだけで、私のホームページのトップページに飛べる。

ページ右上にリンクボタンがいくつか並んでいる。一番上が「チェアウォーカー」。私の車いすを使っての、海外旅行を中心にまとめている。これは好評だ。今までは国内旅行も多く掲載していたのだが、容量の関係で多くを削除した。

「深夜の読書」・・・これは書評欄だ。「TOPICS」・・・これは私の書いたエッセイ。かなり過去作。続いて私の著作6冊のご案内を出している。

読むのに時間がかかると思うので、お時間のあるときにぜひ覗いて見てください。





Last updated 2010.07.21 20:24:27
コメント(0) | コメントを書く タグ:マイサイト , HP , チェアウォーカー
[PR]
# by t-nobukawa | 2010-07-23 11:03

玉木さんのブログから: 糖質制限

2010年04月20日 このブログを購読する

糖質制限ダイエットとパイロゲン [ チェアウォーカー ]
糖質制限のダイエットって、本当にその成果がすごい。お金がかかるものじゃない上に(かかるとすれば、おかずの品数を増やすとか、痩せたから洋服を買い替えるとか)、体になにも負担がかからないのだから、良いことづくめだ。

しかし気になることがひとつあった。私は健康維持のためにパイロゲンを一日に900ml飲むのだが、パイロゲンに含まれる糖分は大丈夫なのか?と。

そしたら「やせる食べ方」に明確に書いてあった。ノンカロリーパイロゲンの甘味料であるエリスリトールは、ノンカロリーであるばかりでなく、糖質もゼロなのだという。安心した。

餃子の皮だとか、フライの衣だとか、思わぬところで、私たちは結構炭水化物を摂取しちゃってるものだ。だから日常的に愛飲している飲み物に心配がないということは、とてもうれしい。





最終更新日 2010年04月20日 16時49分42秒
コメント(2) | コメントを書く タグ: 糖質制限食 , パイロゲン , 甘味料
[PR]
# by t-nobukawa | 2010-05-04 17:47

「葬式は要らない」 玉木さんのブログから

2010年04月21日 葬式は要らない

「葬式は要らない」という本を読んだ(幻冬舎新書 島田裕巳著 740円)。

日本人が葬式にかける231万円というお金は、世界の中でもトップクラスだそうだ。極楽浄土を思わせる華美な祭壇、なんの意味もなさそうな戒名に支払う代金、香典返し。昔のように「家」というものが重要な要素だったころに比べ、今では弔問に訪れても、遺族の顔すらわからないことが多い。

いろんな決まり(しきたりではない)があるのだろうが、私が死んだら火葬が許される24時間後まで、火葬場なり病院の霊安室で静かに家族と別れを楽しみ、火葬されたら小さな骨壷を遺影の蔭にでも置いてもらって、レストランかホテルで「お別れ会」をやってもらえたらと願う。

それこそ仲間や友人にだけ声をかけ、おいしい酒と料理でカラオケでもやりながら、私をなつかしんでもらえたらと思う。もちろん平服で、香典もなしでやってもらいたいし、戒名なんかもちろんいらない。





最終更新日 2010年04月21日 16時28分21秒
コメント(2) | コメントを書く タグ: 葬式 , お別れ会
[PR]
# by t-nobukawa | 2010-05-04 17:39

「励まし」が一番です!


2010年04月22日

励ましは万の力

キング牧師とともにアメリカの人権運動を戦ってこられたハーディング博士のローズマリー夫人が語っている言葉に「人々がなによりも必要としているのは"励まし”よ」という、心に残る言葉がある。

また、中国の中華文化促進会の高占祥主席は「一番好きな漢字は?」との問いに、「”励”の一字です」と答えている。

なるほど・・・と思う。人が一番勇気を奮い起せるのは、自分の存在や価値を、周囲から認められるときじゃないかと思う。人々の中でリーダーを務める人間にとって、やはり一番大事なことは、人々を励ますことじゃないかと思う。

ただ「がんばれ」というだけが励ましではないと思う。人により、時・場・状況によって、励ます方法は変わると思うのだが、一人ひとりがぜひとも「励ましの名人」を目指すことを願っている。

私もがんばろう。励ましは「万の力」と書くじゃないか。





最終更新日 2010年04月22日 15時27分26秒
コメント(0) | コメントを書く タグ: 激励
[PR]
# by t-nobukawa | 2010-05-04 17:31