心の感動

コーヒーにポリフェノールが大量に含まれている

玉木文憲さんのブログから:



コーヒーにポリフェノール

ひところみのもんたさんが起こした騒ぎで、赤ワインに人気が集中したポリフェノールだが、コーヒーにも赤ワインに負けず劣らずポリフェノールの含まれていることが、新聞で公告されていた。

動脈硬化の抑制などに効果があるとされるポリフェノール。赤ワインやココアなどに含まれていることは広く知られている。しかし、コーヒーにも赤ワインに匹敵する量のポリフェノールが含まれ、一日の食生活の中で仕事の合間や食後に飲むコーヒーから最も多くのポリフェノールが摂取されていることが、ポリフェノール研究の第一人者として知られるお茶の水女子大大学院の近藤和雄教授の調査・研究で分かった。(太田浩信)

 飲み物100ミリリットル当たりに含まれるポリフェノールの量は、赤ワインが濃さによって150~300ミリグラムで平均すると230ミリグラムほど。これに対してコーヒーには200ミリグラムのポリフェノールが含まれ、緑茶は115ミリグラム前後という。

 近藤教授が9000人を対象にした飲み物の摂取量調査や109人を抽出した詳細な調査からポリフェノール摂取量を調べたところ、1日に取るポリフェノールのうち8割が飲み物からで、食べ物からは2割。さらに、飲み物から摂取しているポリフェノールの半分がコーヒーからによるものだった。

コーヒーはカフェインによる誤解で「飲みすぎは体に良くない」と言われることが多いが、まさにこれは大きな誤解であることがわかっている。ポリフェノールを一日数回によって摂取することにより、抗酸化作用で病気に負けない体を作ることができるのだ。

コーヒー大好き人間としてはうれしい話だ。
[PR]
by t-nobukawa | 2010-03-07 12:18
<< 私達は生かされてます。 生きて... 幸運を招来する法「節食開運説」 >>